温度による水の変化《理科実験》   

e0155002_9534312.jpg理科の時間に、「水を温めて続けるとどうなるのか」について実験を行いました。
実験用コンロで熱し続けたビーカーの水の温度を2分ごとに計りながら、ビーカー内の水の変化を観察しました。

e0155002_954106.jpg実験開始4分後くらいから湯気がたちはじめ、ぶくぶくと泡が出だすと子どもたちはその変化に目をキラキラさせて観察を続けました。
95℃を越えると「先生、もうすぐ100℃越えるで。」との声も聞かれました。
しかし、残念ながらどのグループも100℃を越えることはありませんでした。

e0155002_9542530.jpg実験終了後は、「湯気が出たこと」「沸騰するとブクブク泡が出ること」「実験後の水の量が減っていること」などグループで実験結果をまとめることができました。
[PR]

by kusunoki0234 | 2009-02-18 18:32 | 4年

<< 七輪でおもちやき!! 県立民俗博物館で昔しらべ!! >>